土壌の採取方法




ほ場全体を代表する地点を決め、対角線上にほ場から5ヶ所、約1kgを採取し、よく混ぜて下さい。


作物が生育異常をきたしている場合は、異常と正常な生育をしている土を区別して採取して下さい。


土壌の採取は基本的には収穫後、もしくは春の施肥前が望ましいですが、生育期間でも採取できます。
1.普通・野菜畑
深さ20cmまでの土を採取します。(施肥1ヶ月以後<追肥の場合も同じ>で採取できます。)
2.草地土壌
1)施肥や堆肥・ふん尿の散布前に採取します。
2)維持管理段階では草地表面から5cmまでの層を採取し、枯草・草の根は除いて下さい。
3)更新予定地では、耕起後に播種床表面から15cm程度の改良対象土層
  (但しプラウによる耕起深の違いなどに注意する)となる部分から採取して下さい。
土壌の採取に必要な用具とサンプル量
1.ホクレン式採土器 2.サンプル袋(ホクレン指定のもの)
3.ポリバケツ 4.マジック 5.メモ帳(ボールペン)
サンプル袋
●サンプル量
ほ場から土壌採取するときは、土壌を5ヶ所からほぼ等量ずつ採取したものをよく混合して草地用は約1kg、草地以外は約500g(サンプル袋の目安線まで)をサンプル袋に入れる。