肥料用フレキシブルコンテナ取扱上の注意事項

肥料用フレキシブルコンテナ取扱いの際は、作業時の落下あるいは破損等による労働災害を防止するため、下記の事項を厳守し、安全な作業をお願いいたします。
■運搬・吊り上げ作業

注意 使用する作業機は十分に整備し、作業に必要な資格を取得して使用して下さい。
注意 吊り上げて移動するときは走行路の凹凸のないところを静かに走行して下さい。また、底部を引きずらないように作業して下さい。


危険 吊り位置がずれないように固定して下さい。


危険 フォークリフト等の角ばった爪は、吊り部の損傷をきたし危険ですので、又はゴム等を巻いてご使用下さい。
危険 片吊り・斜め吊りをしないで下さい。


危険 吊り部に荷重が均等にかかるように、吊り部を集結させ水平に吊り上げて下さい。
危険 フレキシブルコンテナの下および運動範囲には絶対入らないよう気を付けて下さい。


注意 逆引き・横方向の引張り・片吊りは破損の原因となるので注意して下さい。
注意 また、急激な吊り上げ・吊り下げも破損の原因となるので注意して下さい。

■排出作業
危険 フレキシブルコンテナの下には絶対入らないで下さい。

注意

排出が進むにつれて、本体が垂れ下がるので少しずつ吊り上げながら作業を行って下さい。また、肥料が残った状態で内装袋がズレ落ちることがありますので、フレコン底部に切り込みを入れる際は、短く切り、排出はゆっくりと行い、内装袋と作業者や施肥機が接触しないよう留意願います。
■保管方法
注意 直射日光にさらすと短時間で劣化をきたし、破袋の原因となりますのでご注意願います。







注意

日光の当たらない屋内保管を原則とし、やむをえず屋外で保管するときは、下にパレットなどを敷き地面に直接置かないで下さい。また、シート(不透明)をかけて保管して下さい。

注意

フレキシブルコンテナの注入口から雨水の浸入があると、内容物の変質原因となります。

■その他
危険 フレキシブルコンテナはワンウェイタイプのため、2回以上の使用は行わないで下さい。

注意

肥料排出後のフレキシブルコンテナについては、適正な処理をお願いします。
フレキシブル
■ご使用前のお願い
落下事故および荷崩れなどの労働災害防止のため、ご使用前には必ず以下の点検をお願いします。

 ・吊り部および接合部がすり切れていないか、糸のほつれや吊り部と本体が
  取れかけていないかご確認をお願いします。
 ・本体側面および底部に傷や穴などがないか点検をお願いします。
 ・各部縫い目にほつれが無いか、入念に点検をお願いします。

不具合等が発見された場合には作業を止めて、最寄りのJAにご連絡お願いします。